メインイメージ画像

カギの種類とセキュリティとは

自宅の玄関にはどのような鍵が利用されているか知っていますか。玄関の鍵には多くの種類が存在しています。鍵の種類、メリットを知り、今後の防犯セキュリティ対策に活かしましょう。世の中で一番使われている鍵の種類とはシリンダー錠です。鍵穴に鍵を入れて開けるタイプの鍵のことです。

このシリンダー錠の中にも様々な種類が存在し、ピッキングに弱いディスクシリンダーと呼ばれるものや、複製できないディンプルシリンダーという種類もあります。もし、ディスクシリンダーを利用中の家で鍵が交換出来る環境ということであれば、すぐ鍵を変えた方がいいです。

また、自由に鍵の着け替えなどが出来る場合は2ロックがオススメです。今では鍵を使って開けると自動的に2つロックが解除されるような鍵もあります。しかしピッキングの場合は2つのロックを解除しないといけないため、時間を要し侵入を諦めることも考えられます。

スマートフォンなどでは利用している人もいるかもしれませんが、指紋などの生体認識型の鍵もあります。指紋などを利用するため、物理的な鍵が要らないため紛失の可能性もないですし、簡単に開けることが出来ます。

時期や体質によっては肌が荒れてしまい、なかなか認識してもらえない可能性もあるので注意が必要です。その他の鍵としてホテルなどで利用するカードキータイプの鍵が存在します。

防犯のメリットとしてはピッキングの心配がないことです。また、バックに入れた状態でも解錠することが出来るタイプもあるみたいなので、自分の環境なども考えて選択しましょう。セキュリティ対策は自分一人だけでなく、家族全員で行う必要があることです。みんなで協力し、家を守りましょう。